バルコニータイルはタイル一枚ごとに販売されていることが多く、素人でもすぐに施工できると言われています。
しかし、あるポイントについて気になる方はプロの方に施工を依頼することが大事です。


1つ目のポイントは隙間をどう考えるかです。

タイルを施工する際にはさまざまな隙間が出てきます。


1つは室内との隙間、2つ目は配管の隙間、そして3つ目が避難ハッチの隙間です。


室内との隙間についてはバルコニータイルの幅調整材を利用すれば比較的似たような素材、もしくはタイルによっては幅調整材が設定されているので違和感なく施工が可能です。

納得の東京のエコカラット情報選びのお役立ちコンテンツ満載です。

しかし、タイルが特殊だったり、切断が難しい場合には素人には工具も無いのできないこともあります。
配管については外すことができないことが多いのでタイルを綺麗に切断して施工することが大事ですが、こちらについても綺麗に切断するのはとても難しいです。

避難ハッチについては可能な限り施工は控えるべきですが、どうしても見栄えがきになる場合には避難ハッチの上に施工してタイルごと緊急時には外せるように施工することは可能ですが、素人にはとても難しいようです。

バルコニータイルは素人でも手軽にDIYで施工できるのがうれしいところですが、ベランダの特徴によっては隙間が大きく、また、隙間ができるとずれたり、剥がれたりするので可能な限り隙間は無くしたいものです。

NAVERまとめの基本知識を紹介しています。

ベランダによってはコストはかかりますが、プロによる施工を依頼することも大事になります。



Copyright (C) 2015 バルコニータイルの施工のポイント All Rights Reserved.