バルコニータイルには、高品質性のセラミックタイル製や木を使ったものなど幾つかの種類があります。
マンションなどで木の風合いを楽しみたい方には、最適ではないでしょうか。


施工されたコンクリートそのままであるよりも、ウッド製のバルコニータイルを全面に敷き詰めた方が、夏の日差しを防いでくれたり冬の見た目に寒々しさも多少なりとも和らげてくれます。木の色や特性を知った上で、好みのバルコニータイルを演出してみてください。


アカシアは木質に粘りがあり、衝撃にも強いのでバルコニーで子供さんが遊ぶ場合にも適しています。

千葉のエコカラットの価値ある情報を探してみてください。

クマルは赤みを帯びた木の色が独特で、まるでアジアのホテルにいるような味わいが出ます。


他にも耐久性の高いタイガーウッドやコストパフォーマンス抜群のイタウバなど、価格や家族の意見等に合わせて選ぶ楽しさがあります。


ただし、天然木の場合、手入れは欠かすことができません。

耐久性がある木質であっても地域ごとに昼夜の天候や湿度、温度変化によって反りが出たり痩せたりの影響が現われます。

ですから、市販されている浸透性木材保護塗料を塗られるようにおすすめします。

塗り替え前には必ず水洗いをして良く乾かしてください。

また、ニスやペンキを塗ると見た目は華やぎますが、木が呼吸出来ず窒息してしまいますから、止めておきましょう。



手入れを簡単にしたい方は木粉を配合したWPC(ウッドプラスチック)樹脂製なども良いでしょう。

Youtubeが気になる方に必見の情報です。

さらに、配線や電気工事も不要なLEDソーラーライト付きのバルコニータイルがあり、これをあわせる事で夜間の明るさが保てます。

Copyright (C) 2015 バルコニータイルで夜も明るく All Rights Reserved.