フロアコーティングを検討している時にはいろんなタイプの作業があるので、どれにしようかと悩んでいることでしょう。


耐用年数も10年ほどはあって、価格帯としても比較的手頃に行えるガラスコーティングもフロアコーティングでは使いやすいので、よく検討されています。

かなりハードなフロアコーティングとなっていて、ツヤもどことなくマットな質感が特徴となっています。耐水性や耐溶性、耐洗剤性も高くなっているので、何かを落としても割れたりすることもないので安心です。

埼玉のフロアコーティング情報を多数比較しておりますので、一参考としていただければ幸いです。

ただし作業後の乾燥に二日ほどかかりますので、スケジュールを良く考えて依頼をするといいでしょう。

場合によっては床が滑りやすくなったりする事もありますので、ガラスコーティングの利用を検討している時には、どんな特性があるのかも改めて確認しておくといいでしょう。

費用に関してはこれも業者でまちまちなのですが、1畳で幾らという計算をすることもあれば、平方メートルで費用を出すこともありますので、見積もりを取る時には予め確認をしてから問い合わせるとスムーズです。

教えてgooに関する情報満載です。

もし間取り図などもあればそれを用意しておくとさらに詳細な数字が出しやすくなる場合もあります。

家の床を綺麗に保とうと思うのであれば、フロアコーティングをしておくのは必須と言ってもいいでしょう。

もちろんしなくてもいいのですが、生活していくうちにいつの間にかキズなども出来てしまいます。そうならないようにするのもコーティングの良い所ですから、今後の手入れのしやすさや劣化等を防ぐために利用しておきましょう。



Copyright (C) 2015 ガラスでのフロアコーティング All Rights Reserved.